MAIL MAP

ニュースリリース

「ブランディア」公式アプリをバージョンアップ
自社販路強化戦略により
ホーム画面を「ブランディアオークション」メインに刷新

2018年04月23日

株式会社デファクトスタンダード(本社:東京都大田区、代表取締役社長:尾嶋崇遠、東証マザーズ上場:証券コード3545、以下「デファクトスタンダード」)は、自社販路を強化する狙いで公式アプリをバージョンアップしました。

公式アプリ改修内容

バージョンアップ

【1.ホーム画面を自社販路メインに】

今回の改修で最も大きく刷新した部分はホーム画面のメニューです。従来の「買う」「売る」両メニューの表示から「買う」メニューをメインにしました。

【2.受け取りも購入もポイント利用を可能に】

買取金額をブランディアポイントで受け取り、そのポイントを使って「ブランディアオークション」で購入することができるようになりました。これによりポイント利用時の取引をアプリ内で完結することが可能となります。

改修の背景

今期デファクトスタンダードでは自社販路である「ブランディアオークション」の販売強化を戦略的テーマとして掲げており、今回の改修内容もこの戦略に準ずるものとなります。自社販路をホーム画面のメインメニューにすることで、新着商品や値下げした商品をチェックしにくる訪問ユーザーの囲い込みを狙います。今後は、買取ニーズが高まるタイミングにプッシュ通知でアプローチするなど、同アプリから買取利用につなげていく予定です。
またブランディアポイントの導入は、「買取金額を使ってブランディアオークションで商品を購入すること」を狙いとしています。同社ではこの「買取サービスの利用」「自社販路オークションでの商品購入」双方の循環を活性化し、引き続き「ブランディアオークション」の利用拡大を図っていきます。

【ブランディア】

https://brandear.jp/

【ブランディアオークション】

https://auction.brandear.jp/

【本件についてのお問い合わせ先】

株式会社デファクトスタンダード広報 菅原(すがわら)
メール:press@defactostandard.co.jp
TEL:03-4405-8177 FAX:03-3764-5986