メインイメージ

"年収が落ちても
新しいことにチャレンジしたかった"

Q.前職はどんなことをしていましたか?
A.エンジニアとは関係ありませんが、個人事業主として1年ほど仕事をしていました。 個人事業主になる前は、開発系エンジニアではなく「検証エンジニア」として、新卒で入社したIT企業に3年ほど務めていました。 個人事業主の話をするとうまくいかなかったの?と聞かれることが多いけど、自分自身は続けていきたい気持ちの方が強かった。 ただ規制の強い業界ということもあり外部要因の影響から廃業の選択肢を取るのが一番と考えました。そう言ったリスクへの認識の甘さなどを痛感し、一から鍛え直す必要があるなと感じた。
前職に戻る選択肢もあったんですが、どうせリスタートするなら年収が落ちても新しいことにチャレンジしたいと思い、エンジニアに職で転職する決心をしました。 会社を選ぶにあたって、まずはこの年齢からでも未経験エンジニアとして採用してくれる場所を探しました。前の会社では死ぬほど頑張ったので、マネージャ職の経験もあったのですが、 今回の転職では色々な条件を妥協して、二次請け、三次請けの開発会社に運良く拾ってもらえれば幸い・・・という覚悟をしていました。
ただ、「エンジニア」という軸と、もう一つ諦めきれなかったのが「自社のサービスを持っている会社」という軸でした。 ブランディアという自社サービスを持つ当社に入社が決まった事は本当に運が良かったと思っています。倉庫内にオフィスがある少し変わった環境ですが、 工場併設のオフィスで働いていた経験があったのですぐになじみましたね。

"素直に誠実に。自分から必要な情報を取りに行くこと"

Q.案件において、こだわりや心がけていることは?
A.開発という観点で言えば、今はあえてこだわりを持たない様にしています。 守破離という言葉がありますが、ぼくは未経験スタートでまだ入社半年なのでまず真似ること、世間に溢れているリソースから学ぶことを重視しています。 カメレオンのようなイメージですかね。空き時間にメンバーの開発した成果物とかを見たりもします。技術書の購入なども投資だと思って、惜しまないようにしています。
仕事をする上でという意味では前職から心がけていた事ですが「素直に誠実に」でしょうか。とにかく話をして必要な情報を集めることを意識しています。わからないことは素直にわからないと言う。特に今は未経験としてスタートしているので見栄を張ったり嘘をついても仕方ないですから。もう一つ頭の片隅に入れている言葉としては「道徳を忘れた経済は罪悪であり、経済を忘れた道徳は寝言である」という二宮金次郎言葉です。何か判断を迫られた時は、1個目線を高くもって、チームや会社にとって最適であるかというのを選択の指針にしています。

"やるときはやる、休むときは休む。
仕事は翌週に持ち込まない"

Q.デファクトに入社して、ワークライフバランスはとれていますか?
A.家族との時間も取れていますし、ワークライフバランスは取れていると思いますよ。 代表の尾嶋も良く言いますが「やるときはやる、休むときは休む」と言った感じですね。僕は平日いくら忙しくてもいいと思っているので、 やることをなるべく翌週に持ち越さない様にタスクがあるときは平日にガッツリやります。その代わり、入社してから6ヶ月程経って休日出勤は一度もありません。
週末に嫁や子供とコミュニケーションを取る時間は以前に比べて格段に増えています。子供のスイミングスクールに付き添い、レベルアップしていく姿を眺めるのが最近の楽しみになっています。

ページを閉じる