メインイメージ

"地方から東京に出て受けた衝撃
やり方1つで人の行動を変えるマーケティングに興味"

Q.どんな学生でしたか?就活はどんな風にしていましたか?
A. 元々新潟出身で、大学で東京に出てきたんですが、あまりの環境の違いに衝撃を受けました。国内でこれだけ違うなら、海外ってもっと文化も常識も違うんだろうなと思い、留学することを決めました。2年のときに交換留学をして、今度は改めて日本の良さを実感したんです。もっと訪日が増えればいいなぁと思ったことがきっかけで観光学に興味を持ち、オーストラリアの大学院に進むことを決意しました。
大学院で受けた広告やPRの授業がきっかけで、イベントなどリアルのマーケティングを学んだんです。架空のイベントをデザインして、企画書を作り、どこをターゲットにするかなど、集客方法を考えたりするんです。やり方1つで人の動きや考え方が変わる結果が見えるのが面白いなとマーケティングにどんどん魅力を感じるようになり、マーケティング業務を中心に就活していました。
Q.デファクトに入社してみて、想像していた業務や環境にギャップはありましたか?
A.ギャップはあまりないです。自由そうな会社だなと思っていたし、実際にそうでした。 面接の時にも、「とりあえず行動して自分で学んでいかないとだめ」というのは聞いていたし、その方が覚える効率も良いというのは自分でも思っていました。その時デファクトも新卒を受け入れることが初めてということもあって、ゼロから丁寧に教えるというスタイルは確立されていなかったですね。

"1年で周りに追いつきたいという強い思い。
「何を身に着けてきたか」を常に意識していた。"

Q.なぜデファクトを選んだのでしょうか?
A.大学院に通った分、友達や同級生に遅れを取っているというコンプレックスがありました。でも1年経ってから周りに「仕事どう?」と聞いた時に、結局上層部から下りてきた仕事をこなすだけで、この1年間何をやってきたかよくわからないという声を聞いて、ちゃんと「こういうことを身につけてきた」と言えるように成長したいなぁと思いました。なので大手よりもベンチャー寄りで企業を探していましたね。デファクトの「とりあえず行動して自分で学ぶ」というやり方はきっと早くスキルが身につくと思ったし、マーケティングを新卒から学べるような企業が他になかったことも大きかったです。 
Q.ではズバリ、この1年何が身につきましたか?
A.「予測して行動する力」です。  入社して半年くらいで、数百万円の予算で採用業務を任されました。初めての大きな案件ですし、しかもマーケティングの業務で学べることが半減してしまうのではと思って少し不安だったんですが、実際やってみると視野が広がったり、視点を変えられるようになったり、逆にマーケティングの知識やノウハウを流用できることを実感しました。1か月で60名採用というのは高い目標でしたが、1度結果がでなくてももう一度別の角度でトライしてみることで実を結んだりするんです。  見事目標を達成することができましたし、周りからも評価されるようになってとても嬉しかったです。 

"社員が長年のアルバイトスタッフに学ぶことも多い
「謙虚な姿勢」が欠かせない"

Q.仕事をする上で意識していることは?
A.「謙虚な姿勢」です。長くからいるアルバイトスタッフさんたちもいるので社員とはいえ最初は戸惑いもありました。スタッフさんから学ぶことはとても多いので、いろんな人の意見を聞いた上で判断するように心がけ、自分の意見が押し付けにならないようにしています。
Q.「将来はこうなりたい」というイメージはありますか? 
A.今は買取のマーケティングがメインですが、会社を知ってもらうようなマーケティングがしてみたいんです。 なのでゆくゆくはマーケティングだけでなく、会社全体を知る意味でも広報やPR部門にも携わってみたいなと思っています。新しいことを知ったり、吸収することが好きなので、今後もどんどん積極的に新しい知識や業務を貪欲に身に着けていきたいです!
就活生へのメッセージをお願いします!
誰もが就活を通してどうしようもない不安や焦り、プレッシャーを一度は感じるかと思います。辛くてどのように進んでいったら分からなくなったとき、諦める前に一度立ち止まって「自分はいったい将来何をやりたいのか、どうなっていたいのか」をじっくり考えてみてください。悩みぬいた先に、必ず道が開けてきます。気を張りすぎず、後悔しないよう頑張ってください。

ページを閉じる